20代は化粧品に敏感になる年頃ですが、ファッションや小物にもお金が掛かってしまい、遊びにも行きたいし、どうしようと考えている人も多いと思います。
化粧品が高いく手が出ない20代の時代は終わって来ています。
化粧品と言っても、下地になる化粧水は肌に合わないものを使っていると、肌が赤くなったりする事やかゆくなる事、ニキビの原因にもなってしまいますが、悩みに効きお試し感覚で使える安い化粧水があります。

20代にピッタリな化粧水で口コミが増えて来ているのが、プチプラコスメの化粧水です。
プチプラコスメの化粧水は20代に人気が高く、ニキビや保湿力、浸透性がすごく良い事やうるつやのたまご肌にしてくれ、コットンパックをすると毛穴が引き締まるのでるのでオススメです。
ニキビで悩んでいる20代は多く、保湿もあるのでいろいろな化粧品がなくても、この化粧水があれば大丈夫です。
500mlで600~800円前後と安く気軽に買う事ができます。

また日本酒の化粧水も人気で、毛穴の開きや潤い不足を保湿成分で整えてくれるのでオススメです。
ピンクの可愛らしいボトルで見た目も良く500ml入って800円程で買う事ができます。

肌には個人差があるので肌に合わないと思った時は使用をやめて下さい。

60代からの化粧水


60代になって、肌のハリやつやがなくなってきたのは、やはり年齢のせいかもしれな いと思っています。しかたがありませんが、どうしても年齢には勝てない感じです。

しかも、自分は乾燥肌なので、とくに肌の乾燥には気をつけなくては いけません。

季節的にも乾燥をとくに感じやすいので、外出後やエアコンをつけた 時は必ず、加湿器などを仕様するようにしています。また、水分も適 度にとるようにしています。食事にも気を付けていて、バランスのと れた食事を心がけています。

ビタミンの多い野菜、緑黄色野菜と果物は毎日食べるようにしていま す。また、便秘は肌荒れの原因にもなるので、便秘をしないように適 度な運動をしたり、繊維質の多い野菜をとるようにしています。朝晩 のお手入れは何といっても化粧水です。

化粧水の使い方でも化粧水をただパシャパシャつけるのではなく、ゆ っくりと手のひらで押さえるようになじませていきます。浸透してく るようでとても気持ちいいです。そうしておくことで、しばらく潤い が保たれているように感じます。

ほかには睡眠を十分にとることや、ストレスをためないことには特に 気を使っています。そのほかにも肌に気を使うことはたくさんありま す。しかし、すでに還暦も過ぎて、年齢的にもこれから、肌はますます衰えていくばかりな ので、肌にいいことを色々と試していきたいと思います。また、年齢を気にしすぎることも肌のためにはあまりよくないと思ってい ます。

それは「目元のしわ」


25を過ぎ、30を過ぎ…お肌の曲がり角も、スピンアウトもとっくに過ぎている今日この頃…。

だんだん鏡を見るたび、気になるものが…。

それは「目元のしわ」「口元のほうれい線」

某CMでも、「しわも魅力というけれど…でもいらない!」と女優さんが言っていますように、人生の記録とはいえ、女性として残したくないものです…。

30再を越え、エイジングケア初心者の私が使っているのが2つ!

まず、全体用に使っているのが「ハウスオブローゼ」の「モイスチュアコントローラー」

保湿に効果のあるヒアルロン酸はもちろん、話題になった紫根エキスを配合した美容液。しっとりとして、オフィスでの乾燥も気にならなくなりました!

そして、目元のケアに部分使いしているのが「ドクターシーラボ」の「エンリッチリフトアイ」

「金のリフト」成分と塗口についているパラジウム合金のヘッドが、しっかり引き上げてくれる気がします。

あとは、日頃の亜手入れをしっかりやって、規則正しい生活を心がける事でしょうか?

母や叔母が、しみじみと若いころからのお手入れの重要さを語っておりますし…毎日・毎年の積み重ねが重要なんでしょうね~。

人生の先輩のお話しは聞いておくものだ…。

これからもサボらず、頑張っていきたいと思います!

アンチエイジング用の化粧水


40代50代にむかえ、シワやたるみ等が気になるようになると、アンチ エイジング用の化粧品を買い求める方が多いようです。

特に、直接肌に浸透させるようにつける化粧水は、アンチエイジング の基本ですよね。

アンチエイジング用の化粧水も色々あるので迷ってしまいますが、自 分の肌に合う合わないが必ずあると思うので、最初はサンプルか小さ めのボトルから始めるのが良さそうです。

また、40代50代になって苦労したくない!と早くからアンチエイジン グ用の化粧水を使う方がいますが、それには注意が必要です。

なぜなら、アンチエイジング用の化粧水は年齢肌に考慮して作られて いるため、あまり若い肌につけると、吹き出物等のトラブルの原因に なったり、若い肌の再生する力を妨げてしまったりする恐れがあるか らです。

よかれと思ってアンチエイジング用のスキンケアをしても、肌にいい ように働かなければ、意味がないですよね。

やはり、肌はその人その人の状態にあったケアをすることが、一番大 切だと思います。

年齢に応じたケアをすることは、40代50代をむかえたときの肌の状態 をよくすることにも繋がるので、出来るだけ今の肌の状態を見極めて 、ケアをしてあげられるといいですね。